ギルガメッシュ/「獄」-初犯型円盤-

giru_goku.jpg
ギルガメッシュ / 「獄」-初犯型円盤-

01. Having betrayed is why
02. 叶えぬ夢
03. 【獄窓】
04. 【獄】
05. 枯咲き歌(Album ver.)


ギルガメッシュの1stミニアルバム。

1は意表をついてヘヴィな中にも切ないメロ溢れるバラード。
2は一転して疾走感溢れるイントロから始まるサビがメロディアスなある意味ギルガメッシュの王道的な曲。
3はテンポダウンして割りとロック色の強い曲。
4はタイトルトラックですが、とてもヘヴィです。サビ以外は英詩でシャウト気味な声で歌っています。
曲もハードでこのアルバムで一番速くてカッコいいです。またサビでテンポダウンするのだけれど、歌い方が若干吐き捨てるようなガナり気味でカッコいい。
5は会場限定販売された曲の再録。以前よりも大分カッコ良くなってると思います。イントロも増えて、音の厚みも増してスピード感も増しています。これはこれでアルバムのラストに相応しいと思う。

まずSEないのが良い。そして全体的に演奏力(アレンジ力)が上がってるようにも思う。リズムもとてもタイトで割りと安心して聴いていられる。ただ既存のバンドと比べてやはりオリジナリティという部分でまだ足りない気がする。これはこれで凄くカッコいいから今後に更に期待します。

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する