レディ・ジョーカー

レディ・ジョーカー
「レディ・ジョーカー」

単行本は上下巻で高村薫だから相変わらず相当に長かったのだけれど、年間1位になっただけあって面白かったので、また「模倣犯」みたいにミステリィ→映画化は失敗の法則に当て嵌まるのかしら・・・・と思ってもいたが、なんだか良かった。やっぱり人物背景的な部分で省かれてる部分も多々あるし、エンディングもそうだけど実際のものとは違った形になってる部分もある。でもよかった。吉川がとてもカッコよかった。


07/10

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する