D'espairsRay / [Coll:set]

[Coll:set]
D'espairsRay / [Coll:set]

01. Infection
02. Dears
03. in vain
04. Grudge
05. 月の記憶 -fallen-
06. Garnet
07. アベルとカイン
08. 「浮遊した理想」
09. "Forbidden"
10. 灰と雨
11. Tainted World
12. [The world in a cage]
13. Marry of the blood ~bloody minded mix~
14. BORN ~white stream mix~

彼らの初のフルアルバム。これは通常盤で、通販限定盤は

新曲9曲にリミックス2曲を含む11曲を収録したデラックスパッケージ仕様にストーリーフォトをまとめた写真集が付いたマニア向けレアアイテム!!
・・・との事です。

"Garnet"と「浮遊した理想」は若干音を弄った程度の、過去リリースされたような通常のバージョンで、
ラスト2曲は典型的なリミックスとなっており、原曲からは結構離れています。あと12[The world in a cage]はほぼSE扱いでいいと思うので、実質新曲9曲にSE+シングル曲2曲+リミックス2曲と思って頂ければ良いのではないかと。

上っ面しか見てないオレから見てこれまでのような似たような感じでフルアルバム作られてもきっともう個々の差別化が困難でだれるんだろうなと思っていましたが、それほどでもなかったです。

これまでの延長線上にあるであろう曲は勿論含みつつ、バラードも2曲(?)含んでいたり、それとはまた別に割りとキャッチーな曲もあったりして意外な面が見れたりもした。うるさいなと思ったら今度は聴かせる曲が来たりして。シングルで発表された"Garnet"もこのアルバムの中で聴く方がしっくりくるのに、個人的に好きな「浮遊した理想」が曲順の所為もあってかなんだかしっくりこないなと思ったり。「アベルとカイン」で結構な盛り上がり方して終わるのに、なんだかな・・・みたいな。や、これは別にいいんだ(何事)。あとはラスト2曲のリミックスは要らないなと思った。12のSEも不要な気もするけれど、これがあるとまたリピートして最初から聴きたくなるでしょ?的意見を出されそうなので全12曲で良かったのではと。

変に商売根性出すからこうなるんだ・・・。誰

全体的に予想よりも大分良かった。ディスパ離れが進んでいた筈がまた戻ってきたw単純にディスパというバンドがこれだけの数の新曲を一気に出した事が凄い。同期も多用してるしそれぞれの曲の差別化もある程度出来てるだろうし、演奏もそんなに危なげないと思うので良いんじゃないでしょうか。

コメント(8)

コメントする

コメントを投稿する