まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉

まだ遠い光
「まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉」/天童 荒太

実に前作から2ヵ月半掛かって読み終えました。沈

だってよー・・・・。

ホントに本を読めなくなったな。いろんな意味で。

そんな事よりも内容。
前5作通して、「家族狩り」とはまた違う印象。当時読んでてそれ以降読み返したりしてない人には、また違う印象を受ける事でしょう。もはや最後がどうなったかとか忘れていたので、どう違うのかも説明出来ませんが。ただ、現代風にはちゃんとなっているという事は言えるかと。

「愛」「家族」これらがキーワードとして使われてきたものの、答えなど一概には言えない。

でもまあちゃんと大筋では纏まってるしいいんじゃないかと。
ミステリィ的要素は期待してはダメです。

犯人的な夫婦の性癖と捉えられるような場面はなくなってた。(そんなとこばっか気にしてる)

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する