赤蛇/青蛇

sulfuric_akahebi.jpg
「赤蛇~君と見た赤の記憶~」

01.アシッド・トリップ~極上Sコース~
02.ravish lamia
03.C・S・D

sulfuric_aohebi.jpg
「青蛇~僕の中の青い闇~」

01.深海と僕と君の体温
02.ravish lamia
03.C・S・D

新生SULFURIC ACIDの2枚同時発売の2ndマキシ。
各限定1,000枚。
表題曲が異なり、カップリング2曲はそれぞれ同じものが収録されています。
 
 
 
.

 
HIZAKI加入後の初音源。
表題曲はそれぞれ作詞MASAKI/作曲HIZAKIで、
カップリングの2曲は作詞・作曲HIZAKIとなっています。
それもあってか、とてもHIZAKIの色が濃く出ていると思います。

猿足は「サルファドラッグ」以降聴いていなかったのですが、
やはりあの頃とは大分印象が違いました。

楽曲に華があると言うか、厚みも王道的・コテ的・様式美的・メタル的要素も強くなってる。まさにHIZAKIの色という事になるんでしょう。

「アシッド・トリップ」は歌詞はさておき、鍵盤の音も印象的で今時のコテっぽさが感じられる曲。
「深海と僕と君の体温」はピアノの音から入る、疾走メロディアス曲。
どちらかを選ぶなら、青蛇の方がいいかな・・・。

2曲目はヘヴィな疾走曲で、3曲目もまあヘヴィ。
いずれもギターソロなど聴き応えがあると思います。

とりあえず売り方は感心しないけれど、内容面では結構良いと思った。
次はHIZAKI以外のメンバー作曲の曲が聴いてみたい。

ここまでHIZAKI色が出てると、それまでの猿足が好きだった人にはどうなんだろうって思う。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する