"Deathmate" / ヴィドール

deathmate
"Deathmate" TYPE:B / ヴィドール

01. エリーザ
02. シャットダウン
03. Chocoripeyes
04. Deathmate
05. 黒猫

新生ヴィドール初のミニアルバム。
「シャットダウン」のPV収録のTYPE:Aと、
"Chocoripeyes"のPV収録のTYPE:Bがあります。
画像はTYPE:Bです。


はい、以下個人的意見です。

1は疾走感溢れる曲で、1曲目らしい曲。
明るくはなく、ともすれば悲壮感すら感じられるような曲です。
やや単調ですが、バックの演奏をよく聴いてると面白いかもしれない。

2と3は先行シングルから。
こうしてアルバムに入って聴き返してみると、
雰囲気的には合ってるようにも思えるし、
他がハード目なのでメロディアスで良いのかもしれない。

4はハード寄りで展開がハッキリとして多い曲です。
1期ヴィドールっぽい感じも受ける。
前半は割りと大人しいけれど、後半になるにつれハードに展開。
そしてまた大人しくなったりと。
表題曲ながら微妙な感じを受けつつ・・・。

5はアップテンポな疾走曲。歌メロが秀逸です。
今までありそうでなかったようなクリアな音の使い方をしてるような。
折角良い曲なのに、サビがもう一つ盛り上がりに欠ける気がして、
そこが勿体無い気も。

"Chocoripeyes"のPVはまあまあ。
特筆すべき所はない。

全体的に鍵盤の音が多用されていて、
その分またギターの音が弱くなっているような気がして
個人的にはイマイチな音の感じでした。
ほぼ全曲ノリのあるアップテンポな曲で、
勢いは出せているのかもしれないけれど、
その分印象が散漫というか、後に残るような要素が薄い気もする。

進化してるんだか、また振り出しに戻ったんだか・・・。
決して悪くはないけれど・・・。

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する