PLAY DOLLs / 12012

12012_play.jpg

"PLAY DOLLs" TYPE:B / 12012

-DISC1-
01.hermit
02.my room agony
03.wriggle girls
04.icy ~cold city~
05.with shallow
06.melancholy
07.cheeky doll
08.calf love
09.the swim
10.queer passion
-DISC2-
01.see-saw




12012の1stフルアルバム。
TYPE:Aは"icy~cold city~"のPV収録のDVD、
TYPE:Bは"see-saw"収録のCD付です。



今回は作曲者のクレジットがちゃんとありまして、
Track2/8が12012
Track1/3/4/5/6/10が酒井氏
Track7/9/DISC2が須賀氏です。
作詞は全て宮脇氏。

序盤は激しめの曲で畳み掛ける感じですが、
徐々にハードさが薄まり、よりメロディアスになっていく構成です。

中でも"cheeky doll"のような跳ねるようなリズムや、
"calf love"のようなクリーントーン全開の音使い、
そして多くの楽曲に取り込まれたギターソロなど、
今までの楽曲には見られなかった要素も随所に盛り込まれています。

歌詞の面でもこれまでは決して使わなかったであろう
言葉が連なっていたりしてまた新しい一面を見せたりしていたりで
結構新鮮かもしれません。

オレはTYPE:Bを購入したのでPVについてはわかりませんが、
"see-saw"は、"calf love"に通じるようなメロディアスな曲で、
アルバムに収録されていてもあまり違和感は感じないと思います。
疾走感もあってサビの盛り上がりなどシングルにしてもいいかもというくらいの曲。

ハードな楽曲もあるけれど、
3部作のような分かり易いヘヴィさは薄れているので、
そういうのが好きな人には物足りないかもしれない。
「少年とオーケストラ」で好きになって"depression sign"でハマった
オレにしたらむしろヘヴィなのばっかり発表してた頃に
どうして他のも出来るのに勿体無いと思っていたので、
今作のような割りと分かり易いメロディアスな楽曲を収録してくれて良かった。
幅が広がったというよりも、元々あったメロディアスで聴き易いものを
より進化させた感じで。

全体に漂うサイバーな雰囲気もとても好きです。

ヘヴィな楽曲ばかりを連発してたのは
意図的に12012のカラーを確立する為で、
今回はそういうのをなくして作りたいものだけを作ったと。
その発言が結果論だったり、後付けだったとしても、
そう言える所まで続けてこれたのだから別にいいんじゃないかと。

とにかく思った以上に良い出来だと思いました。

"calf love"が特にツボでした。

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する