12012/"Heart"

12012_hearta.jpg
12012/"Heart"(TYPE:A)

01.Heart
02.deep forest

12012_heartb.jpg
12012/"Heart"(TYPE:B)

01.Heart
02.shooting star

12012_heartc.jpg
12012/"Heart"(TYPE:C)

01.Heart
02.ocean


12012のシングル3種。
全てタイトル曲は同じでカップリング違いで発売。

"Heart"/"deep forest"/"ocean"が酒井氏作曲。
"shooting star"が塩谷氏作曲。
作詞は全て宮脇氏。

まず"Heart"は、まさに12ロックという感じが当て嵌まる。
ロック色の強い楽曲です。
ノリが良く、メロとか雰囲気が少し突き抜けてメジャーっぽくなってる気がする。
今までもこういうノリの曲はあったかもしれないけれど、
そのどれもここまでロックっぽくはなかったと思う。
コレはコレで適度に重さもあるし、カッコいいので良いと思う。

"deep forest"は、ミディアムテンポの大きなノリの曲。
コレが一番"PLAY DOLLs"の流れを汲んでると思う。
そんなに明るくもなく、でも過去の12に比べれば歌モノ度合いが増してるような。
特にラストのサビの切々とした感じとか。
まあでもいかにもなカップリング曲だなとも思ってしまうけれど。

"shooting star"は、サビから始まる爽やかな疾走感溢れる楽曲。
12らしからぬキラキラ度合いが過去最高だと思う。
鍵盤も同期も担当している塩谷氏作曲ということで、
それらがより効果的だなとも思った。
オレはこの曲が一番好きかなと。

"ocean"は"deep forest"と"shooting star"の中間の曲かな。
"shooting star"ほど明るくもなく、
"deep forest"ほどゆったりとしていなくて。
メロはもしかしたら一番綺麗かもしれないので、
カップリング3曲のバランスが結構いいのかも。

だったら尚更4曲入りで売りなよって思ってしまう。

2曲入りなのに、1,365円。せめて1,000円でいいんじゃないかと。
それか、全種購入の人には"Heart"メイキングDVDが
応募者全員にプレゼントされる券が付いてる事を考えると、
きっとそのDVD代も賄ってるんじゃ・・・とか思うと、
余計に通常盤4曲入りも一緒に売り出せば・・・と。
そしたら例えばチャート意識的なものがあるのだとしたら、
きっともっと上がったと思うんだけれど。

あと、12らしからぬ。12にしては。というのももう当て嵌まらなくなって来たかも。
もう当初狙っていたコンセプトから若干外れて行ってやりたい事やってる分、
むしろコレが12012なんだって事だろうし。
どんな曲発表しても、もっと「12らしさ」を感じられる内はいいんじゃないかと。

というかアルバム以降の流れで1曲「激しい」曲を作るとしたら、
どんな曲になるのか、そういうのを聴いてみたい。
"Venom"や「浸色」を超えるようなのが出来るのかねー。

それにしても未だに「十字架」以上の泣きのメロがないのが、
唯一自分の感じる物足りなさの原因なんだろうな。

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する