RENTRER EN SOI / "RENTRER EN SOI"

pera_omote.jpg
RENTRER EN SOI / "RENTRER EN SOI" (通常盤)

01.廻
02.分裂LE+DD人格
03.疑裸偽裸
04.DEAD bilieve ME
05.PROTOPLSM
06.解毒まがいにSUICIDE
07.Strawberry Oblaat
08.見世物小屋
09.鴉色の胎児
10.精神死13度目
11.JUDE
12.微熱下で写実した深層は宛先不明の手紙と成る

RENTRER EN SOI通算2枚目のフルアルバム。
表記が大文字になってからの初アルバム。

限定盤にはPV3曲収録のDVD付。








あーもうホント何て書いたらいいんだろう。悩

まるでVo.のメンバーチェンジでも行われたかのような変わり方。

砂月脱退で、SATSUKI加入。みたいな。(ちゃんとした例え話)

そりゃ当初から激しい曲・ハードな音の曲はあった。
それでも、何と言うかちゃんとビジュアル系ど真ん中な激しさ。
あの砂月が歌うと曲は激しくても、そんなに激しく聴こえない的な。
そんな激しさだったのが、歌い方や声がこんなになってしまったものだから、
まためんどくさい。

こうして見るとやはり砂月が鍵だったのだな。
所謂真っ白な時も、彼がファルセット多用だったり中性的な感じだったからこそ
成り立ってたというか、そういう世界観が、彼が変わる事でこうもバンドの印象が変わるのかと。
勿論楽器隊の変化もある。
あるけれど、今作のような激しい楽曲でも砂月が以前のままなら
こうまで印象違ったりはしなかったんじゃないかと思う。
そう考えると砂月あってのリエントなのだね。と、改めて思った。

ほぼ全曲ハードで激しい。
途中シングル曲や「解毒まがい~」などがクッション的な役割を果たしていたり、
ラストをバラードで締めてるものの、他は激しい。
勢いだけの曲もある。
過去作のリメイクもある。

「苺オブラート」から"Strawberry Oblaat"になったことで、
まあ激しさは増した。
でもさ・・・でも・・・「でも」なんだよ。

そう、別にこれはこれで良いと思うんだけれど、
なんだか腑に落ちない。

・・・のだけれど、
コレを何度も何度も聴いた後に1stアルバムを聴いてみたら、
まあしょぼい。軽い。なんかスカスカ。みたいな。
物足りないんだー。
1stが物足りない。
かと言って世界観は1stの方が好き。
でも2ndの方が本来はオレ好み。
だが、彼らの過去否定的な姿勢が時期尚早な気がしてならない。

アルバムの構成的には"Withering to death"っぽいような気もする。
そこがまた何だか裏ばっか見ちゃってつまらなくなる要素なんだろうな。

あーでも実際難しい。
このアルバムはリエントではない他の新人バンドが作りましたって言われたら、
おー、なかなかいいんじゃない?って思うのかな。
どうだろう。
リエントがやるから批難が多いのかな。

まあ確実に聴いた後に残る歌は1stより少ない。

まあでも激しいの好きだから聴いてるんだけどw

つかこの記事長いな。失礼。

コメント(3)

コメントする

コメントを投稿する