λに歯がない

λに歯がない
森博嗣「λに歯がない」


読了。






Gシリーズ5作目。

結局通過点でしかないのかな。と思いつつも、徐々に、少しずつ明かされる事実から
一体これは誰でアレは誰で、これは何なのか。という所謂疑問点の予想がより具体的に
可能になってきた気がしないでもない。(曖昧な・・・

実際このシリーズでは主となる事件の解決は然程問題とされていないような気もするのだけれど、
この作品に関しては割りと犯人や動機やらも明かされた方だろうなと思う。

多分コレだけ読んだ人には何が何やら・・・という部分も多いだろうな。



07/10

タグ:

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する