少し変わった子あります

少し変わった子あります
森博嗣「少し変わった子あります」

失踪した後輩が通っていたのは、いっぷう変わった料理店。
予約のたびに場所が変わり、毎回違う若い女性が食事に相伴してくれるという…。
謎めいた料理店で出会う「少し変わった子」たちが、あなたを幻想的な世界へと誘う物語。

(Amazonより)


読了。





連作短編集。

連作という事で、短編苦手でも一つの長編扱いで読みました。

そうするとラストの・・・・も、考えさせられる感じで。

少し変わった子たちを通して見えてくる自分自身。
それを読み取り、様々な感じ方が出来る小説だなー。みたいな。
よくわかんないけど。

本当は知りたい事も、知らないまま、
話をしないまま終わる綺麗さもまた良いのだろうな。

面白かったよ。

09/10

タグ:

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する