D/"Tafel Anatomie"

D「Tafel Anatomie」

D / "Tafel Anatomie"

01. Phantom pain
02. Fanfare
03. 太陽を葬る日
04. Leukocyte
05. Calling me
06. Card
07. 青い果実
08. Humanoid
09. Glow in the sun
10. 抉る衝動

Dの2ndフルアルバム。
現編成になってからは初のフルアルバム。
完全予約限定盤で、"Tafel Anatomie"=「解体新書」という意味を表す事からか、
Dメンバーへの100質等も掲載されたブック仕様。

簡単に各楽曲の紹介(?)。

1はヘヴィでスローな曲。
ギターは7弦、ベースは5弦を使っているようです。
力強いヴォーカルと共に、重々しい幕開け。

2は旗曲。
旗のフリはNight-ship "D"よりも難しいらしい。
曲は軽い同期に乗せたノリの良い夜船の進化系という感じ。
更にロックっぽさは増してると思う。

3はシングル曲。
この中で聴くと、割とすんなり聴けるかも。

4はTsunehito作曲。
速くハードなイントロから展開が二転三転する忙しい曲。
サビではなんというか、優しい歌メロが乗り、ハードなだけではない印象を受ける。

5はいかにもASAGIが作りました的な雰囲気漂う、
アコギに乗せた寂しげな曲。秋っぽい。
繰り返すサビが印象的で、いい曲です。
ここまで激しい曲が続いたので、いい所にこういう曲を持ってきたと思う。

6はまたハードめな曲・・・かと思いきや、
ハードなだけでは終わらず、印象的なサビを持つメロディアスな曲だったりする。

7は異国の雰囲気漂う、Dでは今までなかったようなリズムの曲。
このアルバムの中では5に続いて異質な感じがする。
リズムがツボなので意外とハマった。

8はヘヴィな疾走曲。
こちらはキメが多くて、声色もいくつか使い分けてサイバーな雰囲気の曲。
サビではまたメロが際立つ構成。

9はアコギをフィーチャーした、静かめな曲。
これは捨て曲かと最初思ったけれど、実はメッセージ性のあるいい歌だった。

10は前作で言うと"Sleeper"的な楽曲。
サビがDらしい感じで、曲自体完成度の高いややメジャー感すら感じる曲。
こういう締め方好きだなー。


全体的に、入門編としてもいいかもしれない。
少なくとも前のアルバムよりもこれでも聴き易い。
前作は聴くだけで疲れちゃう感じだったし、難解な曲が多かったので。
心配していたツネ作曲の曲もDらしい感じで安心した。
むしろツネ曲が一番気に入った程。
ハードな楽曲が多いようで、割と好き勝手やっているように見えて
要所要所で聴き易い曲やパートがあって、
(まあそれがDらしさの一つなんだろうけれど、)
そういう面が良い方に出てて良かったんじゃないかと。

実際これ聴いて改めて1枚目はやや微妙だったなって思った。
Sleeperまでが長い!
やーっとSleeperか・・・ぐったり、みたいな感じだったのに、
今作では「抉る衝動」まで結構あっという間。

もっと言えば、このアルバムを何度も何度も聴いてて、
オレがビジュアルに求めるのは基本的にコレに詰まってるとか思った。
速くて、メロディアスで、ハードで、覚えやすくて、カッコよくて(曖昧)。みたいな。
いいねいいね。

タグ:
,

コメント(6)

コメントする

コメントを投稿する