好きだ、

好きだ、
「好きだ、」

17歳から34歳へ…。あるカップルの17年越しの想いを繊細に切りとった一作。主人公のユウとヨースケを、高校時代が宮崎あおいと瑛太、17年後を永作博美と西島秀俊が演じ、違和感のない完璧なキャスティングだ。川辺でギターを弾く同級生のヨースケに、高まる想いを打ち明けらずにいるユウ。一方、ヨースケもユウの存在を忘れられないまま大人になり、17年後、ふたりは再会を果たす。
(Amazon)






ああ・・・・・・・・。的な。(いきなり

高校時代の二人には、その頃の、大人になってからの二人には、今現在の自分にシンクロさせてしまった。

高校時代の様子は、懐かしい思いと、その時の心情を自分なりの思い出に重ねてしんみりしたのと、ひどく遠い出来事のように感じられた寂しさを感じた。

大人になってからの二人には、年齢的に然程遠くないので解かってしまう自分に痛々しさを。

ていうか宮崎あおいが好きとか逆に思われそうな予感。もうどうでもいいっす。ただリアルに制服姿とか好きではないので、あんまり見た目には・・・。でもあの制服の「てかり」とか懐かしかったw

ラストのアレは、こうはならないでくれよ、と思ってた事そのままだったので残念。

"tokyo,sora"同様、こういう映画は好きです。

08/10

タグ:

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する