"clairvoyance"

Sel'm
2007.11.17@高田馬場AREA
アルバム先行披露ワンマン
"clairvoyance"

<setlist>
SE.disturbance
01.新曲
02.暁
03.蜘蛛のち雨
04.新曲
05.Spiral World
06.ラメント
07.新曲
08.掌の虹
09.gibberish
10.新曲
11.Megalomania
12.新曲
13.DEAD LOCK
14.我、この最果てで・・・
15.Secret Number
16.N∞℃

-encore-

17.蟲が泣く夢
18.ロイド
19.新曲
20.DEVASTATION

Sel'm観るの初めてでした。

この日は「影」(アルバム未収録)と「神義眼」("clairvoyance"ver.)のいずれかのCD配布でした。
どちらもこの日は演奏してないみたい。

アルバム先行披露という事で、新曲いっぱい。
もしやアルバム曲のみかもしれないと思っていたのですが、
結果はセトリの通り、既存曲の合間に新曲を挟む形でした。
流れ的には特に違和感がなくて、Sel'mのライブ自体初めてだったので、普通に観れました。

感想としては、ライブが終わってからの何とも言えない消化不良感はどうしたものか。
なんだろうなあ・・・。
曲が似通ってるとか、いまいちノリが微妙とか、そういうのもあるだろうけれど、
もっと違う根本的な何かが物足りなさを感じさせるような気が。

演奏がカオスな時(PD用語)が、あれ・・・ギルガ・・・?とか思うし、
帽子が気になって演奏に支障があるなら帽子とっちまえ!とか思うし。
新しいビジュアルとは言え、曲の方が大事だろ。みたいな。

新曲はどれも彼ららしさが詰まっていて良かったけれど、
逆に言うと新鮮さがあまり感じられなかった。
でも結構良かった・・・けどなあ。みたいな微妙な感想に。

「アンソロジー」が一番好きなので、その曲を期待してたのに、
それだけはなんだか音源バンドだった。「嘲笑の月」はやらなかったし。
そう考えると、"resistance"以降の方がライブ向きなんだろうか。
曲自体は「アンソロジー」のが良いのに。

トラの声は良かった。
ベースも見た目ツボった。
ドラムはプチネロだった。
ギターは帽子脱いでからはよかった。

とりあえずもっと頑張ってもらいたい。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する