容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

「容疑者Xの献身」 / 東野圭吾

第6回本格ミステリ大賞
第134回直木賞受賞作
『本格ミステリ・ベスト10 2006年版』1位
『このミステリーがすごい!2006』1位
『2005年「週刊文春」ミステリベスト10』1位

合計5冠をとった作品。
今秋映画化。

読了。


「容疑者Xの献身」特設サイト


特設サイトで四色問題をやってみるのもいいかも。


ガリレオシリーズ第3弾にして初の長編。


ガリレオシリーズは、短編嫌いという理由から読んでいません。
これが最初に触れるシリーズでした。
これまでのを読んでいなくても平気でした。

天才物理学者湯川の友人である天才数学者石神は、
殺人を起こしてしまった隣の部屋の母娘に救いの手を差し伸べる。
なかなかアリバイを崩せず、湯川に相談した友人であり刑事の草薙は、
友人と再会した後、事件と関連があると睨んだ湯川の今まで見たことのない姿を目にする。


的な。

本格論争とか知らなかったけれど、オレはこれは本格だと思う。
でも事件のトリックや謎解きはこの小説の片面であって、
もう片面というか、土台にある部分とどちらに比重を置いて読むかによって、
読後の感想等は変わってくんじゃないかと思った。

オレは言われてみて気付いた所もあったし、
所謂どんでん返し的な部分も良かったと思う。
でもそれだけじゃあ5冠も取れないよな。
それ以外の部分がやっぱり大きいんだよな。

天才の叫び。
最後の湯川の台詞。

ずーんときた。


08/10

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する