赤き羊による吊り下げの恋の欠片

お久しぶりです。

色々音源は気になる物の中で更に厳選?して買ってます。
仕事中と移動中しか聴かなくなってきてるのもあり、
買う量はだいぶ減ってきたと思うわー。


amber gris /「チャイルド フォレスト」

amber grisの1st ミニアルバム。
滅茶苦茶良い。飽きの来ないアルバムでとても良い。
手毬の歌詞や歌は勿論のこと、楽器隊の演奏が好みで。
激しい曲はなく、アップテンポな曲も少ないので、
これまでのシングル2枚とはまた違う全体像。

会場で買ったり、オフィで買うとインタビュー+ツアードキュメント?の収録された
DVDが特典で付いてくるみたいです。
自分はオフィで購入。その方がバンド側に入る金が多いだろうからw



seven.jpg
12012 / "SEVEN"

12012のアルバム。
実はこれの前のアルバムを聴いていません。
"THE PAIN OF~"がツボ過ぎたので聴いた。
そしたらこれ良かった。
シングル曲も聴いてなかったけれど、カッコ良かったわ。


akahituji.jpg
D / 「赤き羊による晩餐会」

Dのシングル。
また3TYPEで、これは通常盤。
カップリングを含めカッコいいです。
タイトル曲は歌詞がなんというかASAGIな世界というか。
"7th ROSE"のヘヴィ寄りの流れを曲は汲んでいるかもしれない。


NoGoD / 「欠片」

NoGoDのメジャー1stフルアルバム。
こちらは2TYPEある内の通常盤。
シングル「カクセイ」がツボだったので。
ヘヴィな楽曲からバラード、インストなどバラエティに富んだ内容。
結構安定してて良いです。

NightingeiL / 「吊り下げの恋」

紺のバンドで最初のは聴いてたんだけれど、
これの評判が上々だったので聴いてみたらアリだったw
粗削りな所も含めて、ちょっと前にはいっぱい居たような感じの。
「吊り下げの恋」がツボ過ぎるんで。


アンバーグリスはまた書き直すかもしれません。

bornについても書こうと思ったんだけれど、また。

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する