D'ERLANGER / "a Fabulous Thing in Rose"

41QrEx9bB1L__SL500_AA300_.jpg

D'ERLANGER / "a Fabulous Thing in Rose"


01. Adameve
02. LA VIE EN ROSE (English Lyrics)
03. INCARNATION OF EROTICISM
04. an aphrodisiac
05. LAZY SLEAZY
06. EVERYTHING IS NOTHING
07. SAD SONG
08. SO...
09. MOON AND THE MEMORIES
10. SADISTIC EMOTION
11. DARLIN'
12. dummy blue
13. XXX for YOU
14. 柘榴
15. Angelic Poetry

ALBUM『the price of being a rose is loneliness』以来の豪華パッケージ仕様(初回生産限定盤)と通常盤との2形態でリリースするNEW ALBUM。収録曲はインディーズALBUM『LA VIE EN ROSE』(1989年リリース)、メジャー1st ALBUM『BASILISK』(1990年リリース)に収録されているライヴでの定番楽曲をセルフカヴァーした楽曲や、英語詞Version、Remix Versionで収録。また、初パッケージ化の楽曲や復活後にリリースした3枚のALBUMからの代表曲なども収録。


こちらは通常盤。

豪華盤?もあります。


発売4日前までこれの存在を知りませんでした・・・。
知った瞬間、これを待ってた!!!と即ポチ。

過去曲のリテイクに関しては、文句ない。
下手にアレンジしまくっていたり、原曲留めてなかったりだとかはまるでない。
音も勿論良くなっているし、現在進行形のデランジェバージョン的な。
意味不明ですね。

激しい曲はより激しく、メロディアスな曲はより説得力を持っているように思います。
"an aphrodisiac"とか堪らない。
選曲的にも散々聴きたおしたラストライブCDを強く思い出してしまう。

まあ選曲に関しては賛否両論あるみたいだけれど、
"Lullaby"が無いのなんて言われて気付いたし。・・・ダメだな。
つかライブで今やってるの?

"EVERYTHING IS NOTHING"が入った事で、
ラストライブで披露された未発表曲4曲全てが復活後に音源化された事になった。
こんな日が来るとはねー。
この曲あまり好きではなかったのに、今回聴いたら良かった。
その4曲共これに入ってたらもっと良かったのに。
・・・って、言っても今時何言ってんの。自分で作れるでしょ。って感じなんだろうしな。


最後の4曲は復活後の曲なので要らないけれど、
デランジェに興味がある人に薦めるならこの1枚という意味で捉えるならいいのかな。


とにかく大当たりのCDでした。
ライブに行きたくなった。

コメント(2)

コメントする

コメントを投稿する