"LUNA SEA"(2011) / LUNA SEA

511jXOcpgUL__SL500_AA300_.jpg
"LUNA SEA" / LUNA SEA

-CD-
01. FATE
02. TIME IS DEAD
03. SANDY TIME
04. BRANCH ROAD
05. SHADE
06. BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー
07. THE SLAIN
08. CHESS
09. MOON
10. PRECIOUS...

-DVD-
01.SHADE-EXTREME CLIP

TYPE:B
CD+DVD

他にDT"SHADE"他封入のタイプとCDのみの通常タイプがあります。

1991.04.21に発売された1stアルバムのセルフカバー盤。
REBOOT後最初の作品をこれにしたのは感慨深い。
聴いてみたかったし。

ちなみに"NO SYNTHESIZER"の表記はない。

91年盤は本当に思い入れがありすぎるアルバムで、今でも凄く良いと思える作品。
解散時に発売されたベストアルバム?"PERIOD."で再録された4曲の内の1曲が
このアルバムのラストを飾る"PRECIOUS..."だったわけですが、
それがこう言ってはなんだが、酷かった。
テンポは遅いし歌は河村隆一だし、尖った部分がまるでなくなってしまっていて、
物凄くガッカリした覚えがある。
それを踏まえてアルバム全部を20年経って録り直して、
また"PERIOD."みたいに台無しにされるのか、あるいはその逆か・・・。

まあ実際は復活後のドーム3days最終日の黒服限定GIGで、
演奏された収録曲はよりカッコよくなっていたから、
そのまま録音してくれていればなと期待してた。
結果、期待通りだった。以上でも以下でもなく、期待通りだった。

部分部分では"TIME IS DEAD"のイントロは原盤のままなのに、
ギターソロはライブアレンジなのが残念だったり、
"BLUE TRANSPARENCY"は逆にライブアレンジだったのが嬉しかったり。
"PRECIOUS..."は最後フェードアウトじゃない方が良かったなと思ったり。

そこら辺はまあ好みだろうけれど、
全体的には原盤にはまるでなかった重みがある為に、
テンポは落ちていようと然程気にならないかなと。
河村隆一ではなくRYUICHIが歌ってる感が出ていて、それが一番いい。

いずれにせよかっこいいアルバムであることに間違いないです。


コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する