-OZ-解散と音源集


-OZ-が解散するようです。
思えば初めて聴いたのは"Eve's apple"だったから、大体6年位前?
それからアルバム出る辺りでまた聴きだして、音源集めたりして。
「爪牙」までは聴いてたのにそれ以降は離れてしまった。

最初はデカいVocalのバンドは売れないとか、華がないとか、
NatsukiがASAGIのコスプレとか適当な事をオレは言ってたけれど、
聴いてみたら良かった。

まあ今こういう方向性のバンドいっぱい居るし、
結成からここまででこの位置ということは、つまりはそうなんだろうな。
スタートしてから、いかに短期間で動員・売上が伸びるかで大分違うとは思うし。

解散て知ってからまた聴き直してるんだけれど、
-OZ-の曲って結構王道のパターンがあって、
構成的に予測できる曲が多いなーと改めて感じたりした。
良く言えばブレない。
悪く言えばワンパターン。
そこが好きって人には堪らないポイントではあるのだけれど。
かと言って工夫がないわけでもない。
そんな彼らの最新作(最後のオリジナル?)が割りと
今までで一番ハードで完成度も高めで
これが一応の完成形なんじゃないのーと思えるような作品だったりする。
でもあんまり好きじゃない。
"VERSUS"の時の荒い感じが好きだったんだなと改めて思う次第。
一番好きな曲なんですか?→入場SEです。とか言うし。

で、まあ別に解散は驚かなかったのだけれど、
何やらCOMPLETE BEST的なものが出るらしくて、
これが配布は勿論、オムニバス収録曲など殆どの楽曲を収めていて、
これさえあれば他の音源要らないっす的な内容。限定1,000枚。
(実際世に出てる-OZ-の音源全てというわけではないのであしからず)
集めてた人からしたら、納得いかないと思うかもしれないけれど、
これ1品あればいい、という作品を出すのは個人的には大歓迎。
何枚もあって嵩張るよりいいよね。

他のバンドも解散する時こういうの出せばいいのに。
むしろ出してほしいわ。
買いたい人だけ買えばいいんだもの。

音源集やベストアルバムなんて自分で曲を取り込んで作れるでしょ。とか言わないで、
カタチとしてあるのとないのとでは大違いだと思います。

とにかく-OZ-さん、解散まで頑張って下さい。

コメント(0)

コメントする

コメントを投稿する